fc2ブログ

はるかりん検証用ブログ

「はるかりんBlog(*・ ・*)」(性転換ドキュメンタリーBlog) および 「彼女の彼女になった僕。はるかりん(*・ ・*)の性転換ドキュメンタリー物語」および「はるかりん =彼女の彼女になった僕=性転換ドキュメンタリー恋愛物語」の 真偽検証を目的としたブログです。

はじめに

このブログは、【性転換ドキュメンタリー】と銘打たれた
「はるかりん」の真偽についての検証を目的としたブログです。

赤字部分は、
はるかりんBlog(*・ ・*)
(性転換ドキュメンタリーBlog より改題)
http://ameblo.jp/harukarin-a/
より引用しています。

青字部分は、
彼女の彼女になった僕。
はるかりん(*・ ・*)の性転換ドキュメンタリー物語
http://harukarinblog.blog92.fc2.com/
より引用しています。

緑字部分は、
はるかりん =彼女の彼女になった僕=性転換ドキュメンタリー恋愛物語
http://ameblo.jp/harukarin-blog/
より引用しています。



ドキュメンタリー
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ドキュメンタリー(documentary)とは、映画フィルムもしくはビデオなどの映像記録媒体で撮影された記録映像作品の事を指す。

記録映像、記録映画とも言われ、テレビ番組として放送する場合もある。文学におけるノンフィクションに相当し、「取材対象に演出を加えることなくありのままに記録された素材映像を編集してまとめた映像作品」と定義される。個別の作品については様々な手法がとられており、演出された要素を含むなどフィクションとの境界が曖昧な作品もある。


ノンフィクション
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ノンフィクション(Non-fiction)とは、史実や記録に基づいた文章や映像などの創作作品。また、その形態。ドキュメンタリーやインタビューなど多肢にわたる。製作上の綿密な調査や取捨選択など作成者の独自色が出る。




はるかりんBlog(*・ ・*)
(性転換ドキュメンタリーBlog より改題)

および
彼女の彼女になった僕。
はるかりん(*・ ・*)の性転換ドキュメンタリー物語

および
はるかりん =彼女の彼女になった僕=性転換ドキュメンタリー恋愛物語
は、本当にドキュメンタリーなのか?を検証していきたいと思います。
赤字部分:http://ameblo.jp/harukarin-a/より引用
青字部分:http://harukarinblog.blog92.fc2.com/より引用
緑字部分:http://ameblo.jp/harukarin-blog/より引用
スポンサーサイト



疑問・検証一覧

管理人は「はるかりん」を読み進めていくうちに、
何か言葉に出来ない不自然さを感じるようになりました。

確かに「ありえない」とは言い切れないけど…という
何とも表現しにくい感情です。

「彼女のために性転換する」こと自体を
「ありえない」と非難しているわけではありません。

ただ、
日常生活の切れ端が
ちょっとした言葉遣いが
起こった出来事の流れが
出てくる人物が

はるかりんは「ドキュメンタリー」ではないのではないか?
と思わせるのです。



検証、疑問、気になったこと、なんでもどうぞ。
もちろん反論も大歓迎です。

※誹謗中傷は禁止です。
 感情的にならず、あくまでも冷静な視点でお願いします。

※コメントはこの記事に限らず、各記事にご自由にどうぞ。
赤字部分:http://ameblo.jp/harukarin-a/より引用
青字部分:http://harukarinblog.blog92.fc2.com/より引用
緑字部分:http://ameblo.jp/harukarin-blog/より引用

真偽検証中

はるかりんー僕が彼女の彼女になるとき / 中川 はるか

この本が【ノンフィクション】だって思ってる人、
これは【創作】ですよー。

「本当に【ドキュメンタリー】なのか?おかしくない?」
疑問が絶えないブログの本。
それを踏まえてわざわざ【創作です】と但し書きがついてます。

「性転換するなんて信じられない!」と言ってるんじゃなくて
日常生活のひとコマひとコマが「不自然」で「おかしい」。
赤字部分:http://ameblo.jp/harukarin-a/より引用
青字部分:http://harukarinblog.blog92.fc2.com/より引用
緑字部分:http://ameblo.jp/harukarin-blog/より引用
次のページ